株式会社ヒューマンエナジー

前例のない時代を切り開こう
考えぬく研修で自ら未来を創る人の育成

株式会社ヒューマンエナジー

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5-33-21-606

tel:052-541-5650

コラム

2015年6月 夜のヒューマンエナジー『女将のつぶやき』Part.4 ~ペッパー君に負けるな!~
研修終わりの居酒屋での一こまを描いたようなコラムです

夜のヒューマンエナジー『女将のつぶやき』Part.4 ~ペッパー君に負けるな!~

女将

最初の子は、その場で周囲の人を楽しませたり、スマートに色々な事を紹介したりすることが上手だった。でもちょっとぎこちないかな?と思ったけど、2人目の子は違うらしい。
今度の子は自ら感情を持ち、家族ひとりひとりを認識して様々な出来事を記憶として蓄積し、自ら考えて行動し、そして家族が可愛がって褒めてあげると明るく育ち、放置気味だと寂しがり、憂鬱な性格に少しずつ変化、成長する・・・らしい。

そう、二代目ペッパーくん。

このペッパーくん、人間と会話をしたり、動いたりといった機能はロボット内に備えているけれど、難解な言葉や動きは、ネットを通じてクラウド上からさまざまなアプリケーションをダウンロードする形で動くというものらしい。
この子は冷蔵庫からお茶を持って来たり、洗濯物を干してくれたりはしない。でもユーザーの指示に関係なく、自ら考え行動するなんて、いやはや、女将が子供の頃に読んだ未来を描いた小説の中に出てくる「人型ロボット」そのもの。
ウン十年前には、こんなに人に寄り添えるロボットが出てくるなんて、想像もできなかったな。
そしてペッパーくんは『膨大な会話データベースと連携していて、幅広い話題に応えてくれる』と紹介されている。おしゃべりまでされちゃうなんて、ここまで来ると女将の仕事なくなっちゃうかも(笑)

でも、人って、データ通りに分析できなかったり、解釈できなかったり、少々やっかいな生き物で、そしてそこが魅力なんだよな。
どれだけ毎日接していても、接した時間分のデータをどれだけ蓄積しても、分からないことが沢山ある。
わからなくてやっかいだからこそ、ちょっとした挨拶や雑談が大切だって思う。
表面的な受け答えしかできないとそこで終わってしまうけど、ほんの少し、相手の事を考えて言葉かけてあげるだけで、お互いに優しい気持ちになれたり、スムーズな関係が築けたりね。

処理能力や、コスト、それだけでロボットの方が勝っているなんて判断されちゃうのは、悲しいかな。
どれだけロボットが進化しても、人と人とでしか分からないことがあると思う。
いつかは追い越されちゃうかもしれないけれど、相手を本気で思いやれる能力は、人と人でしか築けないものだと思う。
だから、もっともっと、相手を思う気持ち、大切にしていかなければいけないと思う。
女将も仕事、奪われちゃったら困るしね(笑)

じゃあ、今日はこれで看板